アレキサンドライトについて

アレキサンドライトについて


アレキサンドライトとは
 アレキサンドライト alexandriteは、当たる光の種類によって色が変わって見える、不思議なジュエリーです。
 クリソベリル(金緑石)の変種で、和名では「変彩金緑石(へんさいきんりょくせき)」と呼ばれます。
 数あるジュエリーの中でも、アレキサンドライトの歴史はかなり浅く、1830年にロシア帝国ウラル山脈東側のエメラルド鉱山で発見されました。
 昼間の太陽光のもとでは青緑色なので、当初はエメラルドだと思われていたのですが、夜、ろうそく照明のもとでは赤色に変化するという、
 ほかのジュエリーには見られない性質が発見されました。この珍しい性質のため、当時の皇帝ニコライ1世に献上されました。
 その献上された日が4月29日で、この日は皇太子アレクサンドル2世の12歳の誕生日でした。
 ここから、そのジュエリーが「アレキサンドライト」と命名されたとする説が有力です。
 色が変わるという特異な性質のうえ、産出量が少なく、非常に高価であることから、古来「貴石」として扱われてきた四大宝石、
 ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドにアレキサンドライトを加え、「五大宝石」と扱われることもあります。
 産地はロシア、ブラジル、スリランカ、インド、タンザニア、マダガスカル等で、ロシアとブラジル、タンザニアからは高級品が産出することがあります。
 
なぜ変色するのか
 アレキサンドライトは、微量の鉄やクロムなどの不純物を含むことで微妙なスペクトル反射特性を持ちます。
 クロムは黄色系スペクトルを吸収する性質があり、そのほか青緑色系スペクトルを反射する要素と赤色系スペクトルを反射する要素が
 同じくらい存在しています。
 すると、青緑色系スペクトルの強い太陽光や蛍光灯の明かりのもとではそれを反射して青緑色に光っているように見え、
 赤色系スペクトルの強い白熱灯やろうそくの明かりのもとではそれを反射して赤く光っているように見えるのです。
 この効果は、「変色効果」、「カラーチェンジ」、「アレキサンドライト効果」と呼ばれます。
 この効果を持つ石は、1975年に人工合成が成功しており、商業生産もされています。
 ただ、ジュエリーとしての人気はあまりかんばしくなく、生産量はあまり多くありません。
 医療用レーザー光線を励起する媒質など産業用としても少量生産されています。
 
アレキサンドライトの品質
 まず大きさですが、あまり大きな石は採掘されません。3カラットよりも大きくて、ちゃんと青緑色から赤色に変化するものはほとんど皆無です。
 スリランカ産はやや大粒ですが、質は劣ります。
 透明感が高く、鮮やかな色合いそしてものが高品質とされます。特に色の変化が強く出るものが「ジェムクオリティー」とされ、最高品質と位置づけられます。

おすすめの商品

 

 プラチナ・アレキサンドライト指輪

 五大貴重宝石のひとつ
 カメレオン石として有名な、変色効果のある貴重な石です。
 太陽光(昼光色蛍光灯)の下で、深い緑色、夜の電灯(電灯色)の下では、赤紫色に!
 小さくてもきれいな石で変色効果もはっきりしています。




 

 K18ホワイトゴールド・アレキサンドライト・チェーンリング

 飽きの来ないシンプルディテール、
 宝石を爪なしでとめる熟練職人の手仕事・・・
 指の当たる部分の、きれいな仕上がりも見てほしい!
 モダン & フェミニンなシンプル指輪。




 

 ホワイトゴールド・アレキサンドライト・ブレスレット

 貴女だけの秘密!
 ブレスレットのアレキが光によって変色します!
 アレキサンドライトが1粒がポイント
 ホワイトゴールドのシンプルプレスレット






 

 アレキサンドライト

 アレキサンドライトの商品一覧です。
 クリソベリルの変色効果の変種・アレキサンドライト
 青緑色系スペクトルの強い太陽光(または蛍光灯の明かり)の下では暗緑色に、
 赤色系スペクトルの強い白熱灯や蝋燭の明かりの下だと褐色がかった赤色に変わる貴重な宝石です。